mellowhead official website 
\→top page\ \news\ \diary\ \live\ \disc\ \media\ \shop\ \profile\ \works\ \mail\
2005年9月6日〜2006年1月21日 DIARY
  2006.1.21

 ライブが発表になってますね。
 以前から実現したいと思っていた組み合わせなので非常に楽しみ!
 今は曲ばかりがたまりまくってしまったので毎日歌詞を書いています。何度か言ってることかもしれないけど、(サウンド含めての)曲に対しては、それなりに様々なバリエーションが考えられるし、時代性とのやりとりという点でも何かしら変化がつけられるものだけど、歌詞はそういうわけにもいかない。急にキャラ変わったら不気味だろうし女言葉で書くわけにもいかないし関西弁で書くわけにもいかないし使える外国語もせいぜい英語ぐらいだ(これだってまともに話せるってほどでもない…)とはいえ、自然に出てくるものだと過去作品とかぶりまくりだ。今までアルバム十枚ぶん以上書いてるんだからまあしょうがないけど。たまに不意に自分の曲を聴いてかぶりに気付くとちょっとがっくりくる。逆に歌詞が全部書き上がって歌も入った時点で全体のディテールを詰めていくのは超楽しい!んだがもうちょっと先だな…(このあいだ柳田さんや松井くん等のTinyCircusの面々と飲んだときもそんな話になったんだけど、「30超えてしばらくすると、まあなにやっても結局俺はいつもの俺って感じにはなれる」と。確かにその通り(笑)) そんな日々なので、あまり出かけることもできず、そのはけ口は夜明けのネット通販に向かうことも多い。「本当に必要なのか?」と自問する間もなく即クリック!…良くないなあこのシステムは(笑)今は壁掛けの時計と古着デニムと新しいソフトウェア音源を物色中。またハズすのになあ…そのたびに現物見て買えよバカが!って思う(笑)
 

 
2006.1.5

 あけましておめでとう!

 何度も言ってるかもしれないけど、年末年始の雰囲気は苦手です。この「なんか平常時と違うことをしなくちゃならないのではないか?」という感じが…。
 とりあえずクリスマスあたりは「ビッグ・フィッシュ」で号泣して車も納車されたりしてその後こっちで家族とあったりいくつか忘年会的なもので多少飲んだりして寒さに震えつつ雪の降る中を帰省して除夜の鐘ついて自分の出身大学が2つ出てる箱根駅伝を「調子良い方を心の母校として応援しよう」と都合の良い精神状態でながめてたらどっちもあら〜という感じを見届けつつ帰路には車中でプレイグスB面集「イスカンダル」を聴いて「なんでこっちをアルバムに入れなかったんだろう…アホか俺は」とか思いながら戻ってきました。

 ある意味超ブディストな家庭に育った俺にとってクリスマスなんて関心外であっても良いはずなんだけど、子供の頃にはしっかり家の中に小さめのツリーが飾ってありました。今考えると寺にツリーは絵的にどうかと思う。ちょっとは考えろと幼い頃の自分に言ってやりたい。
 「ビッグ・フィッシュ」は何度見てもぐっと来る。とくに帰省前はいろいろと効果がある。ちょっと親父と一杯飲もうかな、とか思う(笑)
 車は…ここ7年で3台。B、B、A、と独車を乗り継いできて、まあ325、325、A4 3.0と全て俺が買える程度のモデルだったけど、自分なりにそれぞれの味とか作りの良さとか異国情緒とかを楽しむこともできた。ので、そろそろ最近の国産車はどんなんなのかなーと思ってるときにちょうどいい感じのがでてきたので今回の購入に至ったわけです。で、この車はというと…なんか不気味な車です。異様に静かで快適で異様に速い。強いて言えば新幹線に似た感じ。(最初はディーラーも不気味だったけど最近はこなれてきた感が(笑))実際、この3.5Lエンジンは自分史上最高の出力だし、乗り始めはちょっと危険かなと思った。免許が。ナビやらオーディオやらの電機ものもさすがにとてもよく出来ています。(一応職業音楽家なんでいつもオーディオはけっこうな金額でスピーカーやらなにやら換装してたけど、この車では標準で既にそれらよりも素直で良い音。若干の虚しさが)まあ、またいずれ独車に乗ることだってあるでしょう。米車だって仏車だって興味はあります。でも、なんだかんだ言って車は結局はゲタだし経験上どんなに気に入っても飽きる悪癖もあるし(笑)そのゲタを履いてる人自体がしょうもなかったら悲しいわな。自分は自分の仕事をがんばらねば。曲作りにでも励もう。
 そんなわけで、修理に出していたGibson LP Specialがちょっと前に戻ってきていたので、久々にこれで一曲作るかな、と思っていつものセッティングで弾いてみました。アマチュア時代から使っているそれなりに自分の歴史が刻まれたギターです。ピックを握って強めのストロークで…
♪しょぼーーーーーーーーーーーーーーーん!!あ、あれ?こんな音だったっけ?
 まあセッティングが現在のギター用でマッチングがいまいちだったということもあるけど…よくみりゃフレットも減ってるし各部サビだらけだしもう少し直さないとだめかもなあ…。
 と、出ばなをくじかれた感じがしたので、バーゲン期間だし服でも見に行くかと出かけてみた。しかし、いまひとつ購買意欲がわくものが無い。安くなって るんだし多少微妙でも買ってみろ!とか思うんだが…今持ってるのと似たようなものを物色したあげく、ほぼ手ぶらで帰ってきてしまう。っていうかここんとこ寒過ぎで制服のように毎日モンクレだ。こんなことじゃだめだ!実は今現在のアー写と銀色の1stアルバムのジャケ写で同じ服を着てたりもする。ストライクゾーンが狭まっているのだ!
 このアイテムはここのブランドしか着ない、とか、何色のアウターは着ない、とか、時計は〜じゃないと、とか、ギターは〜の音こそ自分の音、とかその他 車でもなんでもいいんだけど、そういった物言いは出来ればまだしたくないなあ、と思う。音楽でも、まだまだやりたいことが残ってます。キャリア最高の作品を生み出すかもしれないし、失敗もするかもしれません。そういった勝負をかけられる場に立てているのもサポートしてくれている皆のおかげです。

 そんな感じで今年もよろしくです。
 近いうちにライブも予定しています。現在調整中です。
 

 
  2005.12.15

 昨日はラフォーレミュージアム原宿での「タナカカツキのタナカタナ夫展」のオープニングレセプションに行ってきました。「Another day,another place」のPVも制作してもらったタナカカツキ氏。なんていうか俺は単純に一ファンなので会場一面のカツキ氏作品に囲まれたりご本人と話したりで軽 く舞い上がってきました。しかし9歳のころに描いた漫画で既に現在の作風の片鱗がうかがえるのにも驚いたなあ…。ちゃんと保存してあるのも驚きだけど(笑)ついでにまだ持ってなかったDVDやらトン子ちゃんBOXやらポストカードやらもがっつり買い込んできてしまいました。今、家の冷蔵庫は磁石でとまったたくさんのポストカードで「カツキ仕様」になってます。
 12/28まで@ラフォーレミュージアム原宿。興味を持った方、時間の合う方、タナイズムの証人になってきてください。

さよなランチ!(c)ボブ
 

 
2005.12.3

 ううう長文日記書いて気を抜いていたらあっという間に12月。最近は……見事にネタが無いですね。ひたすら制作。いくつか友達のライブとかパーティー的なものに顔出した程度かな。デジカメが壊れて買い替えたりとか…何も考えずに店員に薦められるまま安いモデルを購入。
「写真なんていつでも…とかってあげくに何も残ってない」
とこれは今いくつか書いてる新曲の歌詞の一部なんだが、そのとおりに普段写真はあんまり撮らないほうだ。大勢でどこかに行って「欲しい写真の裏に名前書いてね〜」みたいなことがあっても、なんか別にいらねえなあとかめんどくさがってしまうところがある。だから数少ない家にある写真はミュージシャンとしてのアー写やら取材の時撮ってたまたま残ってるものやらで、それ以外の思い出系は殆ど無い。デジカメも主な用途は機材のつまみの位置とかマイクのセッティングを忘れないように撮っておくみたいな、なんだかちょっとどうかと思うものが多かった。
 これからは多少残そうかなと思ってもみるが多分しないだろうな。
 そのかわり引っ越しのときの作業は「浸りタイム」がないので早いよ!
 

 
  2005.11.17

 ポップ・ミュージックというものは、「どんな楽曲で」「どんなタイトル・歌詞で」「いつ」「どこで」「誰が」「どんな形で」歌われたり、演奏されたり、パッケージ商品として販売されたり、配信されたりすることによって、多様なバリエーションと価値を生み出すとても複雑な文化だと思うんだけど、こと、純粋に「音楽」としてみれば非常に制約の多いなかで創作されるものと言っていいと思う。主メロディーはだいたい2オクターブちょっとの間に収めるべきだし、A-BとかA-B-C構成を軸にしてサビは繰り返すべきだし、全体の長さはだいたい3分以上できれば5分以内に収めるべきだ。おまけに作曲者それぞれの「どうしてもこうしてしまう」的な癖、嗜好もあるから個人視点で言えばさらに狭いゾーンで勝負することになる。俺はサブドミサビ(サブ・ドミナントではじまるサビのこと。自分only用語。サブ・ドミナントとは簡単に言うと主調の音から4度上の音を主音としたコード?まあ要するにKey=CだとF、Key=GだとCってことですな。いや理論なんてろくにわからないですよ。譜面すら怪しいんだから)が大好きなので、どうしてもそれが多くなる。ラハイナもエンプティ・ハンズもTragedy rampもMABATAKI Rewindも…いちいちあげていったらきりがない。で、それを「そればっかり」に聴かせないようにするために、メロディーを工夫したりアレンジを変えたりコードを代理ってみたりdimはさんでみたり分数コードにしてみたりコーラスを重ねたり歌詞をちょっとがんばってみたりするのである。それがうまくいってくると、またワンパターンの駄曲かよ→うおおおおおお結構良い曲できた!早く聴いてもらいたい!と変わってくるわけだ。

 ……と、まあ音楽を生業とするものの端くれっぽいことを書いてみましたが、要するに曲作るのもなかなか簡単じゃねえなってことです。まだ確定してないメロディーを何度も歌って絞り込んでいく作業は、ちょっと危ない人みたいです。

 でも、がんばってやってます。ようやく次の形がおぼろげながら見えてきました。

 で、がんばってる自分になにかささやかなご褒美があってもいんでねーかい(なぜか訛る)と……いやわかってますよ、決して景気の良くないこのご時世にねえ…たいして稼ぎがあるわけでもないのに何様だよってね、じゅうぶんわかってるんですよ。え、いや今の乗って1年ですよ。そりゃーもう贅沢っていうよりは狂ってますよ。ダイアリーオブアマッドマンですよ。みんな呆れてますよ。今の車だって悪くないですよ。……でも換えたかったんです。泳ぎ続けてないと鮫は死ぬんです(ソース無し。でかい買い物をするときに脳内で唱える呪文みたいなもの)もう一回試乗させてもらえますか?できれば高速で。どおおおおおお結構速え!カーステなかなか良い音!あ、ハンコはここですね。350の黒で黒革内装でお願いします。……いい値段いきますね……まあなんとかしますよ。
 前のLってマークがちょっとでかいですね。まあいいですけど。届くのは1ヶ月以上先ですか。待ちますよ。ええ。待ちますとも(目に狂気)
 

 
2005.10.22

 一昨日20日には、渋谷AXでのGrapevineのライブを見に行ってきました。ツアー序盤なのに、新曲の演奏も素晴らしくてとても良かった!Kingdom comeとか。(ツアータイトルも最高!)2連荘なのに声が楽勝なのも凄い。超タフな声帯。新譜「deracine」は愛聴盤です。愛聴盤といえば、ずーーーっと注目?してた謎の大型新人?Curly Giraffeも素晴らしい。てきとう英語で歌えるぐらい聴いてる(笑)名曲揃い。この辺はもはやこの2005夏〜秋にかけての俺人生サントラだなあ。
 

 
  2005.10.14

 というわけで今は毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日曲を書いています。
 既にかなりたくさんの曲を書きました。その約半分は歌詞もアレンジも完成させました。が。使えるのは1、2曲ってとこかな…
 曲作り初期段階は特に自分内ジャッジ基準が無駄に厳しいのか、それですらまだまだいろいろと足りないものがある感じ。まだ人に聴かせられないレベルだなあ。誰かに聴いてもらって褒めてもらうと伸びる子(36)なんだが、そこまでいくのが難しい。朝方までやってて結構いいかなーとか思っても、翌日聴いて、なにこんな糞みたいなの作ってんだよ才能ねえよお前たいしたことねえななかなかマシなもんつくってるじゃねえかとか思ってたのに裏切りやがってこの外道もう既聴感バリバリじゃねえかよ引き出し空っぽかよ出がらし野郎がっかりですもう買いませんお情けで星二つ、とか思う。ウィイレ的に言うと↓(矢印色白で)って感じですか。採用曲が何曲か溜ってくると「こういうのもありだよね」と楽に作れるようになるんだが。
 でも、だからといって、気分転換しよう!とか、ちょっと旅に出よう!とか、ホテルに缶詰になってみよう!とか、ちょっといい恋しよう!とかは意地でも思わないようしてるし少なくとも自分にはむいてないと思われる。結局好きでやってて尚かつやらなきゃ生きていけない生業なんだから、やるしかないのだ。10曲でいまいちなら100曲書けば良いだけの話である。俺が怠けているだけなのだ!…とわりと筋肉脳ライクに考えるようにしている。もう練習中は水飲み禁止でうさぎ跳びしてるような、あるいは某少年誌系の主人公が隣町の番長からはじまって宇宙番長まで倒しにいく(その後全員親友)感じで。
 なんだかんだいって毎度のことだしね。(去年の今頃もこんな感じだった気がする)うーん、自画自賛モードになるまで別な話題にしておけば良かったなあ(笑)ソンナコトヲ思ッテマス(「塊魂」の王様風に)(←それは気分転換じゃねえのかと)(いや単なる休憩だから)というわけで明日からも毎日以下略
 

 
2005.10.1

 というわけで今は毎日毎日毎日曲を書いています。
 この間実家からたくさんビールをもらって来たので、作業もちょっと一段落した時に軽く飲みました。なかなか良い進行状況だったので、一仕事終わった後の一杯って感じでこれがまた………全然うまくない。
 こういうときに、自分は誰かと飲むという行為とか、その場であるとか、その触媒としての酒が好きなのであって、酒そのものの味が大好きってわけでもないんだなあ、と思う。(ていうか、ふさわしい時と場だと味自体が全然違うものに感じられるしね)
 一人で寝酒をあおれるタイプではないのだ、と。
 まあ一段落つくのが朝5時とか、そういう生活シフト自体に問題があるのかも知れないけどね(笑)
 

 


 
2005.9.16

 カフェlive@aditoに来てくれたみんな、どうもありがとう!楽しんでもらえたかな?ゲストの中嶋さんは相変わらずの素晴らしさ&見事な声量で…っていうかマイクいらねえじゃんという感じ(笑)負けないように大きい声で歌いましたがちょっと敵いません。久々の曲も演奏出来て自分でも楽しめまし た。しかし暑かったねー(笑)MABATAKI 2は急いで録ったので聴き直してみると歌が微妙なところもあるけど、まあ記念ってことで。
 18日は三宿webでTINY CIRCUSです。前回トリだったので最初の方でまったり路線な予定です。

 [ TINY CIRCUS ]
 -DJ-
 YANA(DRYASDUST/ex.ZEPPET STORE)
 深沼元昭(MELLOWHEAD/PLAGUES)
 坂井壱郎(JOY TOY/エレハチ)
 松井亮(meister/the brilliant green)
 小井出永(THE JERRY LEE PHANTOM)
 -LIVE-
 エレキハチマキ
 *HOUSE,SOUL,ROCK&MORE*
 \2,500(2D)
 OPEN-23:00
 

 
2005.9.6

 いつの間にか9月ですね。また月記化してきてまずいですな。
 諸々の外仕事が一段落してきたので、やっと新曲にとりかかれそうです。なかなか仕事がはかどっているのは、WE9がね…まあごちゃごちゃ言うと長くなるし、いい歳してどうよと思うので割愛しますが(amazonの評価欄とかに大体書いてあるしね)どうにも今回はストレスがたまるのであまりプレーしてません。難しいのは全然オーケーだけど理不尽なのは(以下略…とりあえず次作に期待。対人戦はマシという情報もあるし。
 そういえば、ぼろぼろになっていた以前の使用ギター(Gibson Les paul SPL)をリペアに出したんだけど、まだ帰ってこないな。完全に直したら本体価格ぐらいいってしまうかもなあ…。もともとそんなに高価なものでもないんだけど、自分としてはめずらしく長く所有して愛着もあるものなので復活すると良いなあ。まあ人に貸しっぱなしだったり1年ケース開けてなかったりして、今更愛着とかいうのも憚られるんですがね。やっぱりギターはそんなにたくさん所有出来ないな。ケアしきれない。
 

 
 
|最新の日記| |〜07年7月| |〜07年4月| |〜06年12月| |〜06年6月| |〜06年1月| |〜05年8月| |〜05年4月| |〜04年12月|
|〜04年8月| |〜04年3月| |〜03年10月| |〜03年6月| |〜03年1月|

↑このページの先頭へ

© 2007 LAVAFLOW RECORDS. All rights reserved.
\→top page\ \news\ \diary\ \live\ \disc\ \media\ \shop\ \profile\ \works\ \mail\