mellowhead official website 
\→top page\ \news\ \diary\ \live\ \disc\ \media\ \shop\ \profile\ \works\ \mail\
DIARY 2005年4月20日〜8月20日
2005.8.20
  • 今月は実家方面に帰る機会が多いのでかなりどたばたな感じです。この間は1週で2度帰らなければならなかったので、1週間親父と車を交換してみました。親父のV社の車もなかなか良いんだけど、うちのマンションの駐車場にはちょっとデカ過ぎ。となりの人すみません。っていうか改めて思うけどやっぱA社のペダルレイアウトは足が疲れるぞ!ブレーキ手前に出過ぎ!シートのオフセットも…まあそれ以外は概ね満足してるんだけど…おちつけ。まだ1年もたってないぞ。というわけでプロモーションもあってまたすぐに福島行きです。
  • 妹が合唱部で、当然のことながら五線譜読めるのがあたりまえ、という感じになってた。いや、俺も全く読めないわけじゃないんすよ、ただちょっと、いや、かなり時間を要すると言うか(特に横方向。縦いわゆる音階はわかるんだが…)頭の中で1小節をとりあえず16個のマスにわけて音が出てるところを高速で塗りつぶしてという作業が必要というか…え〜と5連符は1拍に高速で「貴乃花」とか「若乃花」っていう感じで…まあなんだ、深沼(兄)は脊髄反射とはったりで五線譜がろくに読めないのをカバーしているということで勘弁してくらさい。ヘ音記号なんて形自体が意地悪な感じにしかみえない。
  • ウィ◯レ新作をやる時間がほとんどないんだが…たとえ短いプレー時間とはいえ、いやでも気付くこの異常なファールの多さって…いいのかな、これ? なんだかんだで慣れちゃうんだろうけど。

 

 
2005.7.23

最近は外のスタジオに行く仕事をいくつかしているので比較的早起きしてます。
本来なら夏に暗いうちに寝たりすること自体珍しいのですが…

来週29日(金)は三宿webでDJです
小松君も一緒です

29.FRI.
[ TINY CIRCUS ]
-DJ-
YANA(DRYASDUST/ZEPPET STORE)
小松茂(NONA REEVES)
深沼元昭(MELLOWHEAD/PLAGUES)
坂井壱郎(joy toy/エレハチ)
松井亮(meister/the brilliant green)
-LIVE-
エレキハチマキ
*NEW WAVE,HOUSE,SOUL,ROCK*
\2,500(2D)
OPEN-23:00

時間のある方は是非!
出順は当日あたりまで未定だと思います
 
 
2005.7.17

 Mellowdrome2005名古屋・大阪・東京に来てくれたみんな!ありがとう!全日程が終わってから日記を書こうと思っていて、さっき渋谷から戻って激ダッシュで書いています。
 名古屋では当日のサウンドチェックの時までいろいろと演奏の細部を確認してました。ライブ序盤はかなり緊張感の高い演奏だったと思います。全員目が 笑ってない感じと言うか(笑)歌詞とばしで良い意味で場が和んだ、と思いたい…。アンコールでまだリハーサルされてなかった予備曲「ビッグ・サッド・ジェット・プレーン」をぶっつけで演奏。この日以来しっかりセットリストに組み入れられました。名古屋のみんなの執念のアンコール(笑)はプレイグス以来久々に体験!嬉しかった!
 大阪。前日に一切の酒類を我慢した甲斐あって2連荘でも声は問題無し。いや、若い頃…じゃなくて以前は3連荘で喉ぼろぼろでも平気でやってたんだけど最近さすがに多少気を使うようになりました。まあ酒は我慢しててもメンバー対抗ウィ◯レはホテルで朝までやってましたが。大阪は2回めだけど、前回よりも全然盛り上がって超ピースフルな雰囲気!で最高に気分良く演奏できました。
 で、今日の渋谷クアトロ。…正直うまく思い出せない(笑)あまりにもぐっとくる瞬間がありすぎて、その集合体が2時間を一瞬にして駆け抜けて行った感じで…ゲストで来てくれた佐野さん、片寄君、真城さん、みんな最高で…っていうか自分が客席でこれをみたいって感じでした。まあ俺的には色々とやらかしてはいるんだけど、とりあえず今日は良かったところを思い出しつつ寝ます。
 いつもステージ上では超テンパってて、どうもありがとう!とかいいつつも皆の歓声を実は聞く余裕があんまりなかったりするんですが、今日は本当にみんなの声が聞こえてきて凄く嬉しかった!ありがとう。どうにもまとまらない文章だけど今日はこれでいいのだ。
 

 
2005.7.6

いよいよ名古屋と大阪のライブが近づいてきました! 連日のリハで脂肪燃焼しまくり…なはず。相変わらずメンバーの皆の演奏は素晴らしい!みんな楽しみにしててね!(後は俺が歌詞を忘れないようにするだけなんだが)(いや自分が書いたものっていっても忘れるんですよ…)(こうやって必死で歌詞を覚えてると高校入学当初の「応援団講習」を思い出す)(応援歌を放課後に歌わされるんですよ。ワンフレーズずつ。応援団に抜き打ちで指名される。歌えないと1曲フルで歌わせられる(笑)もちろんアカペラで)(今もやってるのかなあ…)(と思ったら今は母校は共学化されてるんだった…)(遠い目)
 

 




 
2005.6.24

 新宿&大宮のインストアに来てくれたみんな、どうもありがとう!気付いた人も海豚と思うんだけど、インストアでのオケはCDバージョンと変えてるものが多いです。「シアトリカル」がアコースティック・ギターになってたりとか…「エンプティ・ハンズ」はキーも自分用にしてついでにテンポも変えたのでまるごと録り直してます。通常のライブと違ってわーっとは盛り上がれませんが、また違った面白さもあるかと思うので、未見の人は今週末の吉祥寺に是非。MCは微妙だけどね!あれは一種の「追いつめられ芸」なのでそのへんはひとつ。
 新しい作品に向けて多少なりとも布石を打っておきたいんだが、まだ頭も体も空かなくてどうにもならんなあ。「MELLOWDROME」が飽きられてないことを祈るのみ。
 

 
2005.6.16

 スケジュールがアレなので(media欄等参照)国内にいながらにして時差ボケのようになってしまった。30時間起きっぱなしとかが続いてたからなあ…。今日は一瞬間があいたので、頼まれていた他のアーティスト用の曲のトラックを作成しています。仕事だけどいい気分転換だけど仕事だけどいい気分転換 だけど仕事(以下略。こういう忙しいときの深夜にソフトサ◯ダとかとかT◯ppoが部屋にあるのは自殺行為と言えます。耐えろ。今週末はインストアライブ2連荘です。買い物行って散財したい…。同じブランドとかショップでばかり買ってしまうのは老いの兆候であろうか。
 

 



 
 
2005.5.31

 新アルバムの感想のメールをたくさん頂いています。ありがとう!
 こうして公の場に作品を発表して行く以上、もちろん、一人でも多くの人に聴いてほしいと思っています。今作で初めて聴いた、という人も多くて嬉しいです。でも、こういうことを言うのはプロミュージシャンのはしくれとしてどうかとも思うけど、やっぱり今まで聴いてきてくれてる人に「今回のが一番良い!」と言われるのがかなり嬉しいわけです。常に前作以上!最悪でも互角!な作品が出来るまではリリースしたくはないし、可能であれば、いつか作品が作れなくなるそのときまで成長を続けたい、と思うからです。……というわけで、そのときがあっさりきてしまっても困るのでプロモーションや新曲のアイデア出しに睡眠時間を削る今日この頃。インストアもいくつか決まってるな。新ネタを用意しないと…
 

 
2005.5.21

 いよいよアルバム「メロウドローム」の発売が近づいてきました。プロモーションやインストアライブの仕込み(練習したりとかオケ作ったりとか)、ライブの準備などで忙殺され中。下写真の、ゴトゥーらと白い(以下略)セッションをした場所はLAVAFLOWの事務所なんだけど、最近はちょっと大変なことになってます。ただでさえ小さな事務所に、借りていた倉庫が区画整理かなにかで無くなってしまったため、そこから引き上げた大物機材や段ボール箱が大挙して押し寄せてダンジョン状態。なんとかしないとなーという感じのまま放置。箱の中身には「今更どうすんだよこれ?」というプレイグス関係のなつかしグッズも満載だったりするわけですが…。
 ついでに「センチメンタル・キック・ボクサー」とかも聴いてみた。あたりまえだが声が若い。音域はそんなに変わらないんだけどね。このアルバムに向けての作曲期間には「ありがちなタイトルを敢えて使って曲を書く」というマイブームがあった。前作にあたる「リトル・バッファロー・ララバイ」のタイトルが「どうしようもない世界、寛容な僕ら」などの俺節全開だったからだと思われる。ちなみに「ラブ・サバンナ」は1曲めとラスト以外ワンワードタイトル縛りで作った。(そんな無駄なハードルを立てるから…以下略)プレイグスの作品もいくつかはもう10年経過してるし、さりげなく廃盤になってるものもあるでしょう。持ってる人はたまにでいいんで大事に聴いてやって下さい。
 

 

FM-FUJIの生放送中@VIVID st  
2005.5.11

 連休は某ドラマーG藤と白い小さな直方体のパーカッションを混ぜるようにしてご豪雨のような音を奏でるセッション(麻雀ともいう)を敢行したり実家に行ったりしてました。新譜発売まであと2週間ってところですが、このタイミングは当然のようにプロモーション期間です。今日もインタビューを受けたりインタビューを受けたり対談したりインタビューを受けたり(順序ママ)してきました。話し過ぎで喉が枯れています。「ライブはどんな感じで?」とかインタビューの閉めに聞かれたりすると、まだ多数ある新曲のライブアレンジを全く考えてないなあと不安に(笑)基本的にはメンバーの皆に任せるんだけど、何らかの指針は示さないと…。
 

 
2005.4.20
  • クソ長い全曲解説がアップされてますね。発売はまだ先なのに早すぎなんだよ!という感じですが、とりあえず解説だけ読んでどんな曲なのか想像するのもまた一興、ということで。
  • う〜む…おもしろすぎるぞ虎&竜。ゆでたまごブス、ラーメンマンブス、ブス丼etcとかリサが店飛び出すときの「ボケ!カス!」とか屋台のおじさんが転がるところとかジェンガ踏みとかはいどんどーんどーんとか、もうツボ満載で困る。もちろんストーリー自体も面白いんだが、ディテールに神が宿ってるも んなあ…。なんていうか、やっぱり物作るときは全力でやらなきゃならんなあと改めて思った。
  • 文章内で「拙」という表現を使いたい欲求にかられる。自分に関することを。そのあたりについては拙著「〜〜」をお読みいただければ幸いである、みたいなやつである。ミュージシャンもちょっと控え目に自分の作品を「拙盤」とか言ったらどうかと…やっぱ変か。というわけで拙盤「メロウドローム」発売まであと1ヶ月とちょっとです。じれっ(以下略)
  • ……とここまで書いて念のため "拙盤” でぐぐったら、なんと数人いらっしゃいました。

 

 


 
 
|最新の日記| |〜07年7月| |〜07年4月| |〜06年12月| |〜06年6月| |〜06年1月| |〜05年8月| |〜05年4月| |〜04年12月|
|〜04年8月| |〜04年3月| |〜03年10月| |〜03年6月| |〜03年1月|

↑このページの先頭へ

© 2007 LAVAFLOW RECORDS. All rights reserved.
\→top page\ \news\ \diary\ \live\ \disc\ \media\ \shop\ \profile\ \works\ \mail\